ボルタリングウォールをDIYしてみたら案外すぐ出来た話

子育て日記

スポンサーリンク

日曜大工と言えばひろまるブログ

ってのは言い過ぎな位悪魔的に更新頻度は低いしただの自己満日記ブログです

ま、本日はですね妻が子供達を見るからDIYに専念するように!と言う

了解致しました!頑張りますっ!

父ちゃんやる気Max!

朝から頑張りましたよ

DIYって一気にやらな集中が途切れて面倒臭くなるんよな〜

しかし今日の僕は違う。やる気と勇気がMAXなのだ

ほなやるどー!

ホームセンターで材料調達

近所のホームセンターで材料を調達しますかね

今回は2x4の板3本と12ミリ厚の板を2枚購入(12x910x1810)だったかな定かではない

定かなのは2枚合わせたら1600x1600になるようにカットしてもらいました。

後は半ねじ3.8x51 インパクトドライバー対応と

12ミリの穴を開ける木工用ドリルです。

それでは板を車に乗せて帰りましょう。1600ミリ板は軽バンで十分積み込めます。

アクティブな僕は軽バンが大好きでありますww

何でも乗せてます。

作業開始

板を並べて、軽くペーパーでこすります。ささくれたりしてたらケガするので

こするか、きちんと塗装するかしましょう。僕はペーパーのみです。

そして、ボルタリングのパーツを付ける穴を開けました。

初めは寸法測って丁寧に開けてたけど、途中めんどくさくなって

目視でバリバリ開けてみましたww

そして、柱となる2x4の木をラブリコを付けるため切断。

切りすぎたら突っ張りが弱くなるのでこの辺は何回も調整しながら切りました。

 

こんなパーツを使いました。壁に穴を開け無くていいので便利です。
+ただ!強度や安全性の保障は無いので組み立てはよく考えて下さいませ。

室内で組み立て作業

完成画像はこちら。ウオークインクローゼットに作ったのです。

子供部屋なのでまだ洋服を吊るお年頃でもなく場所も効率よく使えて

ベストな位置だと思います。

さて、どんな風にここまで来たか簡潔に発表しますw

穴を開けた板にボルタリングパーツを取り付けて行きます。

 

今回購入したのはこれ!ボルトもナットも全て込みなので購入を決めました。

どんどんパーツを取り付けて行きましょう。

パーツの取り付けが終わると、2x4にホームセンターで購入したボルトで

縫い付けて行きます。

 

縦に3か所くらい縫い込んだら十分しっかりしました。

後は、板同士のつなぎ目はこのような糸スガイで付けました。

3歳の坊ちゃんも手伝ってくれてますww

物作りはみんなで楽しみながら創造しながら完成に近づくのが醍醐味ですな

この作業ではイマイチ弱いので2x4の切れ端を裏にあてがい補強もしました。

近くで見るとささくれてます。これわきちんと磨いておきましょう!!

こんな感じで映えはしませんが十分遊べるくらいの仕上がりになりましたので

早速遊んでみましょう!

5歳の息子が乗っても大丈夫!

意外としっかりしてますが、毎日のラブリコの突っ張り具合の点検は欠かせません。

こうして、家でも遊べる環境をどんどん作って行こうかと思ってます。

 

吊るしロープもあるし、雨の日でも体を動かして楽しく過ごしてます。

こんな感じで今回はボルタリングウオールをDIYしてみました。

ほなまた。