インフルエンザの予防接種と効果について。

体の事

スポンサーリンク

インフルエンザとマスクの効果

インフルエンザのウイルスに感染しないために、マスクを着用しているとゆう人もたくさんいる事でしょう。 たしかに、口や鼻の中にウイルスが入らないようにするための予防効果はあると思います。 インフルエンザは咳やクシャミなどの飛沫に含まれるウイルスを会話中や空気中から吸い込んで感染する飛沫感染が主体の感染病であります。 なので、マスク着用で感染の可能性は、低くなることでしょう。

予防効果とワクチンについて。

いきなりですが、ワクチンに予防効果は非常に低いと思われます。 数パーセントの方がたまたまワクチン接種をして、インフルエンザに感染しなかったとゆうだけで、毎年新しいタイプのウイルスが蔓延する中、ワクチン接種したからといって必ずインフルエンザに感染しないとは、考えにくいです。 人には本来備え持っている免疫細胞があります。その細胞達のお陰で、インフルエンザに感染しなかったのか、ワクチン接種のおかげで感染しなかったのかは、調べようがないのが現状です。 ワクチンにおいて感染と発症はまた違うとゆう事を理解してください。 ワクチンを接種してもウイルスが体に入る事は防げません。一度はインフルエンザウイルスに感染してしまうのです。しかしここで、ワクチンの効果が発揮され免疫効果が現れて、ウイルスを撃退して発症を抑える事になります。

ワクチンの副作用とは。

ワクチンは約150種類の添加物などが直接血管内にはめます。そうすることで、免疫抑制をかけて感染症の慢性状態を作ってしまいます。 接種した場所に、赤み、腫れ、痛み、が現れることがあります。接種した人の、10~20%におこるが、だいたい2.3日程度で治ります。 他にも、発熱、頭痛、寒気、だるさ、が現れ、これも接種した5~10%の確率で起こり、2.3日で治ります。 まれに、アナフィラキシーショック症状が起こります。ワクチンに対するアレルギー反応で接種後、すぐ起こることが多い事から、接種後、30分間は接種した医療機関内で安静にすることが望ましいです。
補足説明 普遍的な病気を作り出し、病院へ通い薬をのみ続けて患者を固定資産化するのが医療製薬業界とも言われています。 世界の人口1.8%の日本人が世界の薬の40%(タミフル75%)を消費している薬漬け大国でもあるのです。 その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円。それらの税金が外資製薬メーカーに湯水の様に流れて行っています。これが日本の医療の現実です。

まとめ

こう言った感じで、毎年冬の訪れとともに、インフルエンザの話題で盛り上がってしまうのですが、ここで少し流れに逆らい、インフルエンザとワクチンについての知識を付けて、出来るだけワクチン以外の予防策を実施して、インフルエンザは風邪の延長に過ぎない。とゆう事も頭に入れて、過度に薬を服用を避けて欲しいと思います。毎日、うがい、手洗い、鼻うがい(おすすめ)をきちんと行って、ことしの冬も乗り越えて行って欲しいです。