地鎮祭を行った感想と拝み料を公開

地鎮祭での準備 27坪で快適平屋を建てる全貌

スポンサーリンク

こんにちは。ひろまるです。

夢のマイホームを建てる事になったんです。

まだまだ決め事などが盛りだくさん

少しずつですが進めていってるのですが

いやぁ子供三人抱えながら工務店さんとの

打ち合わせは大変!

子供達なんて全然ジッとしてないんですからねー!

そうすると決まる事も決まらず終いになる事も

しばしば笑っ

そういう事も見越してゆとりのある家作り計画をたてました。

ひろまる家工事計画表

10月に工務店さんを決める!

ひろまる家の要望を提示したり、最終見積を作成してもらう。

間取りかな、一番悩んだのは

実は契約してもまだ完全に決まってませんww

 

家購入契約3月末に完了!

消費税増税をギリギリ回避。

 

4月末地鎮祭を行う。

 

9月に着工予定!

 

翌年度2月完成!引っ越し。

 

とまぁこんな感じのペースを組んでいます。

今回地鎮祭を行なって来たので記事にしてみますね。

地鎮祭とは?

土木工事や建築をはじめる前に土地の氏神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。

神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており安全祈願祭と呼ばれることもあるみたいです。

この地鎮祭はやはりやっている方は多いみたいですね


地鎮祭の準備

日程を決める。

すべての工事が始まる前に行うので、家の契約が決まれば地鎮祭の日程を決めることになるかと思います。

いざ、地鎮祭と言えど初めてだし、一生に一度だろうでしょうから全く段取りができません。

僕は工務店さんにお任せしました。

神事なので午前中が吉とされているんですが家は午後から開始しましたw

誰に頼むのか?

神主さんに依頼するのが一般的でしょう。宗教上の理由で仏式を選ぶ方もいらっしゃるようです。

うちは神主さんに来ていただきました。知り合いに神主さんがいるのであれば依頼してもいいし

いない、わからなければ、工務店さんが依頼してくれます。

用意するもの、服装は?

うちの場合、初穂料だけで何もしてませんw

服装も自由です。

工務店さんも現場監督も自由でした。

勇逸持って行った物は、皆さんにお茶位かな、、

色々準備していただいたんで。

実際どんな事するの?

出席者は施工主家族、工務店さん、現場責任者の方、神主さんでした。

祭壇やお供え物もすべて用意してくれました。

お供え物は

米 神酒 塩 海の物うちは鯛でした。山の物バナナみかんリンゴでした。それぞれ奇数個らしいです。

準備が整うと紙に新築に住む家族の氏名生年月日を記入していざ開始!

神主さんが拝んでくれながら、一人一人が祭壇に行き安全祈願をしていったり、鬼門方向に盛り土をして鍬を入れます。

三回、えい!えい!えい!!って言いながら三回目に鍬を土に入れます!

そして、神酒を家の周りにぐるっとまいて行きます。

最後にもう一度拝んでもらって終わりです。

40分位で終わりです。

これ、真夏や真冬は結構きついかもですw



初穂料は?

気になる初穂料なんですが、今回はすべてお任せした金額になります。

25000円包み地鎮祭を終えました。

高いのかどうかはわかりませんが、今後この記事を読んで参考にしてくれたらいいですww

以上簡単ですが地鎮祭についての記事にしました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。