子育てって楽でないけど子供から与えられる事が嬉しい。

子育て日記

スポンサーリンク

毎日、子育てを頑張っている妻にする事

こんにちは、ひろまるです。子育てについてとゆう事で、僕は6歳、3歳、0歳の女男男の三人の父親です。今は育休中の妻が家で下に子二人を見ています。 毎日が大変である事は、想像がつくと思います。ざっと一日のスケジュールを公開したいと思います。 朝。7時30分起床。妻子供達。僕は一足早く起きて出勤です。 8時30分長女幼稚園へ妻が送ります。 帰宅後少し休憩、しかしやんちゃな長男坊は、じっとなんかしてられません。あっちこっちからおもちゃを引っ張り出して遊び開始です。三番目の次男坊は八ヶ月。目が離せません。よって妻に休憩などはございません・・ 結局三人で、近所の公園に行ったり、ショッピングモールに出かけたりしています。時々祖母と出かけたりです。 やがて夕方五時位になると幼稚園に長女のお迎えに行きます。そして、晩御飯の支度、僕の帰宅が七時を過ぎるときには、晩御飯を済ませて、お風呂まで済ませているときもあります。

感謝

しかないですよね。ここまで日々頑張ってくれていることに。旦那として何ができるか。  
やってみよう
①マッサージをしてあげる   ②食べたら自分でかたずける   ③感謝の言葉を口に出して言う   この辺りが大変重要ではないかと思います。
 

子供は親の姿が学校である

子供って、親のまんまの行動をしています。これは間違いないです。 靴を揃えるとか、言葉使い、机に向かって本を読む姿、などなど日々の生活を子供達は見ています。 本当に気を付けたいです。夫婦の争いはもってのほかです、子供に不安を募らせ、かなりショックお与えてしまいます。 いつも、穏便に親達が楽しんで、どんどん意欲的になるとかして、いい姿を見せたいものです。

肌身離さず。

スキンシップをとる。抱っこくせ、とかいう言葉を聞いたことがあります。 完全に大人の都合の言葉ですよね、抱っこが嫌だから、そんな言葉を作って抱っこ回避するための言い訳です。 どんな状況でも、抱っこしてスキンシップは取り続けるべきです。やはり、安心して子供もだだっこにならなくなってきます。

手紙のやり取り

幼稚園ともなると、それなりに文字も覚えてきて、手紙のやり取りが出来る様になります。うちは、宝探しのようにして日々楽しんでます。朝寝ている間に、パパからの手紙を隠します。そして帰宅後は、子供の手紙を探します。 これは結構効果ありです。探す楽しさのために、手紙を書く、よって文字を覚える。オススメです。 ほんの少しですが、記事にしてみました。まだまだ今後も子育てブログは発信していきたいと思いますんで、また見に来てください