【鳴門骨】春の鳴門の真鯛を釣りに行って釣って食べた話

徳島関連

スポンサーリンク

毎度、おなじみ気ままな更新ブロガーです。

楽しみにして頂いてる数少ない読者の皆様なら許してくれる事でしょう♡

さて、この度久しぶりにマイ漁船「優成丸」に乗って鳴門海峡釣行に行って皆来ましたよー。

そんな様子を手短にザクっとご紹介致しますね。

鳴門までの移動の説明

のんびりと、友達親子3人で出航です。

吉野川河口から日の出を見ながら行く時のワクワク感は最高に良いもんです。

少しだけ、マニアックな読者の為に僕の漁船の

基本スペックを説明しますね。

ヤンマーエンジン4jh-ht 45馬力

定格2700回転 速度約10ノット

鳴門までの距離約20キロ時間にして1時間の船旅になります。

いやぁ、思いっきり深呼吸出来るしマイナスイオンをビシャビシャ浴びてるとあっという間に到着です

今回はタイラバと言うルアーを使い真鯛を釣りたいと思います。

ビニールテープやらゴムをヒラヒラさせて餌に見せかけて真鯛を狙います。

釣り方は至って簡単。落として巻くだけ。

鳴門海峡を眺めながら

この辺でいざ開始!

巻き巻き。

ルアーを落とす。

巻き巻き。

これを永遠に行います。タイラバ釣行を経験した事がある方は想像出来る事でしょう。

修行か!と思う位単調な釣り方です。

しかし!一度真鯛がヒットすれば引きは抜群

鯛の三段引きと言われる位よく引きます。

早速、友人の息子君がヒット!

初真鯛です。beginner’s luckか!

いやぁ凄いっス。おめでとう。

こんな風に釣っては移動を繰り返して潮が終わるまで楽しみました。

鳴門骨をご覧下さい

本日の釣果はこちら。

まずまずかな笑っ

真鯛は、刺身と味噌汁と焼きにしましょうかね

魚の味噌汁好きですわぁ

出汁が出てて旨い!

この前地元で狩りした天然わかめもトッピング♡

うますぎる!!

海に感謝。

んでな、鳴門の真鯛は激流で育った真鯛ちゃんはですね、身は引き締まる所か骨まで成長するんです。

その成長した骨の事を鳴門骨と言うのだ

コブ見たいになってます。

ご覧下さい。

これが天然鳴門真鯛の骨やで。

珍しいでしょ。そりゃ身も最高に旨いはずです。

刺身やら炙りやらしたのですが、写メするの忘れてしまいました。

また行こうと思います。

ほなまた。