日本の伝統色納豆食べて健康生活

体の事

スポンサーリンク

納豆は、いろんなアレンジで楽しめるだけでなく美容や健康に良いと言われている納豆ですが、今や世界中で食されています。

今日はここでいろんな納豆の食べ方を紹介していこうと思います。

納豆に含まれる効能

納豆菌にはビタミンKが強く含まれ骨を強くする効果があります。

そして何より整腸作用がある善玉菌を増やすことができます。

血栓を溶かす効果もある。食品の中でゆういつ血栓を溶かす力を持った食品でもあります。あと脳卒中、脳梗塞にもおのずとこの血栓を溶かすと言う意味で予防につながっていくことでしょう。




なぜ世界が注目し始めたのか?

納豆には他にもアルツハイマーの予防になるとされる納豆キナーゼなど有効成分が多く含まれているです。

あとヨーグルト、味噌等に多く含まれるスペルミジンが多く含まれていますその含む量は、白味噌の4杯、醤油の購が多く含まれていますその服の量は、白味噌の4杯、醤油の5倍とも言われています。

このスペルミジンが世界中の研究者が注目しているのです。

スペルミジンはこの納豆を毎日食べ続けることで体内のスペルミジンの量が増えるとされています。

記憶力向上やアルツハイマー予防につながるとされているのです。

納豆のネバネバの糸って煩わしいですよね?

このねばねばを少しでも和らげる方法があります。

納豆に小さじ2分の1のお酢を入れます。

そうすることで酸性状態になってねばねば度合いが下がります。お酢を入れる前と入れた後では、あのネバネバの糸の切れ具合が格段に違うことでしょう。

おすすめ納豆の食べ方を紹介します。

納豆とプレーンヨーグルトを混ぜる。この組み合わせは納豆菌と善玉菌をいちどに摂取できることができるのです。味のほうは想像するよりまずは食べてみてください。

納豆納豆とひき肉を混ぜて一晩冷蔵庫に置く

この方法は、ひき肉をより中止に美味しく食べれる方法です。一晩冷蔵庫に置いておくことで納豆の酵素が低音の状態でもなくならず肉のタンパク質を柔らかくするため美味しく食べれるようになるのです。

納豆とキムチを混ぜる。

キムチの効果と納豆の効果がベストマッチする。気持ちに含まれるビタミンA、B、Cなどの栄養成分を人体の生理機能を活性化に役立つ作品でもあるからです。

何よりキムチも発酵食品であると言うことでキムチと納豆の相性は抜群だと言われています。

このような感じで納豆を毎日食べることで様々な健康効果が現れると思います。

今や世界中が注目し、さらにこんなにもすぐ手に入る健康食品はなかなかないことでしょう。

日本食がいかに体がいいかを考え始めるきっかけでもある食べ物です。ぜひ皆さんも今日から1日1食、納豆を食べてみてはいかがでしょうか。