静電気に怯えて暮らすのは終わりだ!対策法教えます。

普段の暮らし

スポンサーリンク

こんにちは。ひろまるです。

この季節毎年悩まされることがあります。

それは静電気です。ドアノブを触れる時、車のボディーを触る時、相手と握手する時。

きますよねバチッと言う電気が、この静電気が起こさないようにするにはどうしたらいいかを調べてみました。

なぜ静電気が発生してしまうのか?

まず電気は、プラスとマイナスからできている事はご存知だと思います。

物体も電気を実は持っています。マイナスとプラスが安定していると電気の動きはありません。

しかし、摩擦や力が加わると動きやすい性質を持っているプラス電気が物体から移動をしてしまいます。

そしてプラスとマイナスのバランスが変わりどちらかが多くなったりしてしまいます。この状態を帯電といい、余ったプラスはマイナスと結合しようとしその瞬間に電流が流れ静電気と呼ばれる放電が行われるのです。

人間は衣類などのそれによってプラス電気を帯電していることが多いですその時に金属やドアノブに触れるとマイナス電気と一気に結合して静電気が起こると言うわけです。

静電気対策をする方法

体の保湿をする。

冬に静電気が起きやすい原因の1つが空気の乾燥ですが、身体の乾燥も影響しています。

肌が潤っていればその水分を通して電気が空気中に放電されやすくなるので、電気を貯めづらくなるそうです。

日ごろから保湿クリームを塗るなどして対策をしてみましょう。

静電気除去キーホルダーを持参する

僕のオススメは僕自身も普段使っているキーホルダータイプです。静電気を減らす事は出来ても、無くすことは出来ません。ならば、直接放電してやるんです。放電してから、物体に触る。これ最強で確実です!歩く電力会社と言われる僕がススメますんで間違いないです!

これが1番静電気を発生することを防ぐツールだと思います。

金属同士を接触させることで放電すると言う仕組みなんですが、普段金属を持ち歩くと言う意味でも放電時仕様の金属すなわちこのキーホルダーを持っていっておくのが1番良いのかなと思います。

放電用の靴を履く

静電気を足元から電気を出すことで静電気を除去すると言うことです。専用の靴も販売されています。実際医療現場でも静電気除去仕様の靴を使用しています。

クロックスみたいな、ゴムの靴なら静電気は起きにくいです。

まとめ

その他いろいろ対策方法はあるんですが、実際生活している中で使えたりできるものは、よほど意識をしていないと、使いにくいと思っていました。

僕自身が使用している今回の静電気対策はおすすめなので皆様ぜひ活用していただきたいと思います。