新築を建てるのに諸費用はいくらかかったのか!お話します。

27坪で快適平屋を建てる全貌

スポンサーリンク

こんにちは。新築絶賛建築中ひろまるです。(2020.1.27日時点)

いやあ、もう大分仕上がって来ましたよ、平屋君!

あらま、マイホームに名前なんか付けちゃってる私ではございますが、今日は

新築を建てるのに掛かる諸費用についてお話していきたいと思いますね。

諸費用ってどんな費用?

はい。マイホームを建築するにあたり、家の建築費以外に沢山の費用が掛かっちゃうのは

ご存知とは思いますが、実際いくらでどんな事にお金がかかるのか、予め知っておくと資金計画を立てやすいかと思い

この度お話させて頂きます。

 

この費用は人によってまちまちであり、飽くまでもひろまる家に掛かった費用ですのでよろしくです。

尚、きっちり公表出来ないのでおおよそ差が無い値を出しますね。

土地面積197㎡ 延床面積89.43㎡ 平屋、準省令化耐火構造、木造、オール電化仕様になります。

では、レッツスターテイン!

 

土地調査、建築許可、測量費

建物を建てる時に土地調査や測量したり、それに伴う建築許可を

土地家屋調査士、行政書士、測量士さんに支払う事になります。

これは、一つの会社が一発に行ってくれます。

¥190.000円

地盤調査、改良費

次にかかるのは、その土地がしっかりした土地であるか否かで決まる費用です。

残念ながら僕の住む地域は軟弱な土地なので地盤改良が必要なのでこれにかかる

工事費が加算されます。地盤の良い土地ならこの経費は抑えられるでしょう。

¥918.000

地盤改良についてはこの記事もご参考に。

地鎮祭

様々な安全等をお祈りする為に地鎮祭を行います。

これはするしないは、自由かわかりませんが僕は行いました。

工務店さんが神主さんやその他段取りをしてくれました。

¥25.000

その様子の記事はこちら

建前時の大工さんたちのお弁当代

そして、基礎工事も終わり、建前です。

昔は餅投げとかしてた記憶がありますねー。

最近は見ないですが。。

ひろまる家は餅投げ。。してません^^

その日はたくさんの大工さんが来て一気に建てるのでお弁当を用意しました。

¥16.000

住宅ローン手数料、抵当権設定代

住宅を買うのに一括払いをする方は少ないと思います。

今や超低金利の時代。借りれるだけ借りて、余裕資金は運用に回したいですね^^

お金の使い方も人それぞれなんでこの場はこの辺にしまして

ローンをする手数料に

¥33.000

抵当権設定代に

¥135.000

下水道工事費

続きまして下水道工事費ですね。

これも必ず掛かってくる費用ですが、浄化槽にする場合はまた費用が変わってきます。

どちらか選べる地域にお住まいならばメリットデメリットを調べて検討してみてはいかがでしょうか?

僕の地域は下水一択でした。

¥650.000

 

外構費

家が建てば最後に外構工事をするかたも多いと思います。

勿論、しない方もいるので、この辺りも人それぞれでしょう。

ひろまる家は駐車場と家の周りを工事しました、

土地の境のブロック塀は作らなくてもいいのでほぼ地面のコンクリート施工工事になります。

これはまたブログ記事にしますね。

¥120.0000

引っ越し、家電製品代、エコキュート代

次に引っ越し代ですよね。

僕は今住んでる町から2キロ圏内、すなわち町内です(笑)

近っ!!

業者いる?

嫁曰く、友達に頼むと新築に傷がつくから嫌みたいです。

クーラー2台移設で

¥89.000

家電製品は、テレビ、冷蔵庫、クーラー、炊飯器等を購入

冷蔵庫とクーラーを大きいのにしたんで出費大。

¥700.000

家電の安い買い方の記事はこちら

エコキュートは日立製の460Lフルオートモデルの2020年最新で工事費込みと10年保証付きで

エコキュートも種類や色んな情報が多すぎて迷いました。

最終は知り合いの電気屋さんに頼みました。色々融通がきくので。

¥380.000

火災保険代

これはですね、非常に悩みました。10社位見積もりを作って頂いて色々比較してました。

保険の話も別記事で、率直にお話したいと思います。

今回は費用の目安という事で。

建物1400万家財700万地震保険加入。フルオプション付きです。

10年一括払いで

¥189.000

まとめ

いかがだったでしょうか?

ざっとでも460万位は僕の家はかかりましたね。

よそ様のお家はどのくらいかかっているか、わかりませんがこれが多いか少ないか?

僕はこんなもんちゃうかなと感じています^^

家って高い買い物なんで無理のないように充分に計画と情報を集めておいた方がいいと思いまして

この記事も誰かのお役に立てれば幸いです。

ほなまた。