zippoハンデイウオーマーを買った感想をレビュー

普段の暮らし

スポンサーリンク

こんにちは。今日も今日とて暮らしを楽しむ事に全力を尽くしております。

今日はですね、寒い冬に大活躍のオイル式カイロをご紹介しましょう。

カイロって揉んだり振ったりして中身の石炭みたいなのが熱を発して暖かくなりますよね。

今回のオイル式カイロは違います。

オイルを補水して火をつけて暖めると言う方式です。しかも、使い捨てじゃあ無いです。何回も使い続けれる事が可能です。

では早速ご紹介致しませう。

ジッポ製ハンディウォーマー

じゃーーん!

これが、オイル式カイロです!

皆様ご存知でしょうか?

これはジッポ製品ですがmade in Japanはハクキンカイロと言う製品が発売されてます。

違いはあまり無いです。なので僕はジッポ製品を選びましたよ。なんかオシャレなので笑

火付け儀式の模様を公開

それでは早速火を付けてみましょう。

この様な容器にオイルを入れます。目盛り量は下が約6時間、上が12時間位持ちます。

概算ですけどね^ ^

この様にちゅーっとオイルを入れまして

カイロの中に容器を持っていれます。

綿が、ぎっしり詰まってましてそこにオイルを浸透させましょう。

綿も取り替える事が可能です。

そして全てのオイルを注入させると

ハクキンキャンプを被せます。このギャップがハクキンの名前の由来みたいですが詳しくはわかりません

この、指を指している場所にライターで5秒位炙ります。ギャップ内の綿を燃やさない様に左右に振りながら炙りましょう。

火が付いたかどうなを調べるにはこうします。

カイロのキャップをあてがい白く曇るとオッケーです。

画像でわかります?

こうなると準備オッケー!キャップをして専用の袋に入れてポケットに忍ばせるだけです。

このフリース見たいな袋に、入れなければ熱いので

ご注意下さい。

これで、寒い冬もこのハンディウォーマーでコスパよく暖かく乗り切りましょう!

ジッポオイル133ml1缶で一カ月は持ちます。オイル1缶なんてカイロ買うより安いので

手間暇をかける事が好きな方は使ってみてはどうでしょう^ ^